本文へスキップ

風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

Windconnect.co.,Ltd

NEDO風況マップの実用性

近接しても風況は大きく異なります

 風況マップ(NEDO局所風況マップ,環境省風況マップ等)はエリアのおおよその風況を予測することは可能です。しかしながら、地域の地形や地面の摩擦(地表面粗度)、マップを作成する際の気象モデル等の問題で、必ずしもピンポイントでの正確性はひくくなります。
また、NEDO局所風況マップ,環境省風況マップ共に空間メッシュが500m四方であるため、そのエリア内一律の風況となってしまいます。
例えば山岳地形の場合、500m四方の中に複雑な起伏、高低差がある場合は、それぞれのポイントで実際の風況は大きく異る場合があります。
また、広域での風況についても、実際に観測されたで見ますと隣接するエリア内で風速の違いが非常にあることがわかります。

NEDO局所風況マップ(日本全域)  風況観測実測値
 NEFO局所風況マップ
出典:NEDO資料
 観測高さ20m以上の風況観測データ、各種気象データ〔約500箇所)色の目安は左図と異なる


右の図のようにおおよその風況のトレンドは実測と近いものがありますが、場所によっては実測データは近接する観測値の風速が非常に異なる事もあることが分かります。
このように風況マップは有用なものですが、実際に風力発電事業を行う際には予想風速が乖離するリスクがあります。