本文へスキップ

風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

Windconnect.co.,Ltd

風況観測サービス

データのみを提供

 これまで風況観測では、風況観測タワーを購入する、あるいはリースし、事業主自らデータを管理、または解析業者に委託する。これが一般的でした。
 しかし、風力発電の開発で必要なのは「風況観測データ」です。
 本サービスではユーザー指定の場所に風況観測装置を設置し、月毎の風況観測データを提供するサービスです

観測装置

  • 風況観測タワー(60m級)
    トラス式風況観測タワー
    高さ 約60m
    ベーン式風向計・カップ式風速計 (NRG社、THIES社、Young社等)
    超音波風向風速計

  • ドップラー・ソーダ
    ドップラー観測装置(ドップラーソーダ)
    音波を用いた観測
    観測高さ40〜200m
    電源不要(ソーラーパネルと蓄電池で動作)
    建築確認や景観条例などの許認可は不要(地面に水平据置のみ)
    クローラーフォークリフトなどで簡単に据付

    詳しい情報はこちら

メリット

・固定資産にならない
・風況観測装置(観測タワー一式、ドップラ観測装置)を保有しない
・必要な時だけ、利用(ドップラー観測装置)
・データと設備の一括管理(月報の提供)
・申請・許認可等の一括対応

サービス対応可能期間

・風況観測タワー 1年以上
・ドップラーソーダ 2ヶ月以上

オプション

・風況観測データを平年値補正
・ウィンドファーム発電量予測(風況シミュレーション)
・短期計測における年間風況予測(※準備中)

風況観測塔とドップラーソーダ(相関検証にて併設)
ドップラーソーダと風況観測タワー




ドップラーソーダ風況観測装置
ドップラー式観測装置

RIAM-COMPACT(風況シミュレーション)
RIAM-COMPACT


3TIER 風況情報サービス

NERI(風力発電コンサルティング)
新エネルギー総合研究所 一般社団法人日本風力協会(JWPA)


ウィンドコネクト株式会社