本文へスキップ

風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

Windconnect.co.,Ltd

風況観測タワー(IEC61400 2017対応可能)

4支線型風況観測タワー(省スペース)

 3角トラス(3支線)トラス式タワー、円柱ポールと比較して設置面積が小さいことが特徴です。山岳地形、傾斜の大きい地形でも設置がしやすいのが特徴です。 
 IEC61400 2017仕様にも対応可能
【オプション】
・各種許認可に対応
 (国有林への設置、緑の回廊への設置、農地転用{一時転用})
・山林でアクセス設置困難地への設置(ヘリ活用)
・携帯電波の届かないエリアへの対応(衛星通信システム)
・超音波風向風速計、バットディテクター(コウモリセンサー)の設置

風況観測タワー全景


風向風速計(タワートップ)


4支線型トラストタワーと3支線型トラストタワーの比較


狭い敷地での設置検討(借用用地が限定された案件)
(赤:敷地境界、緑:25m円、黄色:36m円)


実際の設置写真

設置事例

データロガーは一般的にはNRG社製ですが、本仕様は新エネルギー総合研究所オリジナルのデータロガーも運用中です(データをWEB上で管理)
衛星通信も対応可能です(山岳地帯などでの対応)


WEB上での風況観測データの時系列グラフ
(CSVダウンロードも容易)


設置例(設置可能範囲が狭いサイト)

ドップラー・ソーダと風況観測タワー
設置場所条件にもよりますが、海岸近くの平坦地形での計測では
相関係数0.99以上となりました



ドップラーソーダ風況観測装置
ドップラー式観測装置

RIAM-COMPACT(風況シミュレーション)
RIAM-COMPACT


3TIER 風況情報サービス

NERI(風力発電コンサルティング)
新エネルギー総合研究所 一般社団法人日本風力協会(JWPA)


ウィンドコネクト株式会社