本文へスキップ

風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

Windconnect.co.,Ltd

風況観測タワー(IEC61400 2017対応可能)

4支線型風況観測タワー(省スペース)

 3角トラス(3支線)トラス式タワー、円柱ポールと比較して設置面積が小さいことが特徴です。山岳地形、傾斜の大きい地形でも設置がしやすいのが特徴です。 

【標準仕様】
 風向計・風速計 
ドイツThies社 First Class
     4セット:59m近傍 2セット、50m 1セット、40m 1セット
 データロガー 新エネルギー総合研究所 オリジナルモデル(Web閲覧機能)
 IEC61400 2017仕様にも対応可能
 ※NRG社 風向計・風速計、データロガーも対応可能です
  機器の信頼性、耐久性ではThies社推奨
 
(Thies製品は海外金融機関、ファンドにて指定の場合あり)
【オプション】
・各種許認可に対応
 (国有林への設置、農地転用)
・山林でアクセス設置困難地への設置(ヘリ活用)
・携帯電波の届かないエリアへの対応(衛星通信システム)
・超音波風向風速計、バットディテクター(コウモリセンサー)の設置
・ドップラーライダー・ドップラーソーダとの併用観測

風況観測タワー(風況観測塔)IEC規格対応 風向計、風速計のアーム。長さや方向が重要
NRG社の風向計とThies社の風向計の違い
 風況観測タワー全景 風向計・風速計
1段目:NRG社、2段目 Thies社

3支線型風況観測タワー
4支線型トラストタワーと3支線型トラストタワーの比較
狭い土地に設置できる風況観測タワー 狭い土地に設置した風況観測タワー完成写真
  狭い敷地での設置検討(借用用地が限定された案件)
(赤:敷地境界、緑:25m円、黄色:36m円)
ヘリコプターを用いた風況観測タワーの設置例  急勾配の山林への風況観測タワーの設置例 
ヘリコプターを用いた設置例  急勾配の山林に設置例 
実際の設置写真
オリジナルの風況観測用データロガー
設置事例

本ロガーは新エネルギー総合研究所オリジナルのデータロガーも運用中です(データをWEB上で管理)
衛星通信も対応可能です(山岳地帯などでの対応)
※NRG社データロガーも扱っています

風況観測用データロガーのデータアウトプット
WEB上での風況観測データの時系列グラフ
(CSVダウンロードも容易)

風況観測タワーの設置事例(山岳)   風況観測タワーとドップラーソーダの併設
風況観測タワー設置事例
(設置可能範囲が狭いサイト)
 ドップラー・ソーダと風況観測タワーの併設計測事例