本文へスキップ

風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

Windconnect.co.,Ltd

風力発電サイト開発支援 風力発電サイト開発支援コンサルティング

  • 現地調査
     初期段階調査、事業化可能性初期評価
  • 机上サイト評価
      風況マップ、地形、アクセス、規制等を踏まえた初期評価
  • 風況観測塔設置場所の適地選定
      
    (観測ポイントの選定は重要)
      周辺の風を代表しているのか?観測点が乱流領域か?
      必要に応じて、乱流解析(RIAM-COMPACT)の実施
  • 風況観測タワー手配、設置支援(コンサルティング契約先限定)
  • ドップラーライダ、ドップラーソーダのの運用サポート
     ドップラー観測装置の選定、設置、運用支援
  • ウィンドファームにおける風車レイアウト(初期段階配置)
  • 気象モデル等を活用した風況観測前の発電量シミュレーション(及び乱流評価)
      RIAM-COMPACT及び MASCOT
  • 風況観測データの管理・精査
      毎月のデータ取得・精査、欠損の確認とデータ内挿。短期間計測による年間予測(一部提供)
  • 発電量シミュレーション(及び風車配置)
      風速分布やウェイクロス、乱流影響を考慮しながら配置し、発電量を試算
  • その他開発支援
      機種選定、各種規制調査、コスト評価、運営体制検討、O&M検討、損害保険検討等
      提携企業と連携により、風車輸送ルートサーベイ、電力会社への接続検討
  • 風況観測データサービス(観測タワーの購入が不要)
      風況観測タワー(60m級)を設置し、
    観測データのみをお客様に提供。固定資産計上不要に 
  • ドップラーソーダの販売(提携企業扱い)
      独立電源型のVaisala社 Triton
  • 風力発電所フォトモンタージュ
      Google Earthを用いた全方位の風力発電所フォトモンタージュ
     作成事例はこちら ・風力発電機の影モンタージュはこちら

風況シミュレーション 風況シミュレーションに関するコンサルティング

 日本の山岳地形に対応した国産の非線形風況シミュレーションソフトとして定評のあるRIAM-COMPACTを採用
・ウィンドファームにおける風車1基毎での年間発電量を予測
 風車の位置はマップ内に自由に配置可能なため、土地利用(地目)、地権者交渉、地形などに応じて配置を修正しながら発電量の最適化を検証することが可能

 ・発電量をMAXとするレイアウト
 ・ウェイクロスを評価
 ・乱流強度や鉛直方向速度シア(上下風速差)の評価
 ・風の流れの可視化(アニメーション処理)

国産ソフトとして実績が豊富なMASCOTも採用
RIAM-COMPACT、MASCOT共に国内プロジェクト・ファイナンス時評価に採用されています

技術デューデリジェンス 金融機関向け風力の技術デューデリジェンス・コンサルティング

 近年、風力発電ビジネスは大規模化し、プロジェクト・ファイナンスが一般的になりつつあります。金融機関の検討において技術面のデューデリジェンスを行っています。
 また、セカンドオピニオン、第三者評価としての業務も行っています

金融機関向け

・風況観測データに基づく発電量シミュレーション
 風力事業者の事業計画書における予想発電量の妥当性を検証
 ウィンドコネクトでは2つの国産ソフトウェアを用いています

 リアムコンパクト発電量シミュレーション(CFD)RIAM-COMPACT
 MASCOT風力発電量シミュレーション(CFD)MASCOT

・超過確率毎の発電量シミュレーション
 風況観測データは1〜2年が一般的ですが、この発電量が長期的に見た場合はどうなのか? 基準として考える平年値や、超過確率毎の発電量を算出

・乱流影響の評価
 RIAM-COMPACTを用いて乱流領域の把握。乱流強度及び速度シアの算出
 乱流領域の可視化(アニメーション処理)

・事業計画におけるイニシャルコスト、ランニングコストの評価
 事業計画書における数字の蓋然性や運営コストや内容から事業リスクを評価

・セカンドオピニオン
 融資検討を行っている風力事業会社の事業計画書や発電量シミュレーション報告書に関するセカンドオピニオン、または第三者評価

・ウィンドファーム・風力発電機のインスペクション
 提携するメンテナンス会社による実機インスペクションおよび過去の故障履歴、稼働状況、地形要素{乱流、速度シア等}、気象要素などにより、評価

・既存ウィンドファームの長期運用に関する評価・技術デューデリジェンス
 M&Aやファンド化の検討に伴うFIT期間の運営体制の蓋然性の評価。提供される運営データ、故障履歴、保険求償、個別風車発電実績などを元に評価

風力事業者向け

社内精査のための、セカンドオピニオン・第三者評価
・発電量シミュレーションの実施
・超過確率毎発電量の算出
(超過確率に関する長期気象データの精査)
・風況観測データ異常発生時ののサポート等
 風況観測データの風向異常時の気象観測所、気象モデルを用いた風向補正

損害保険会社向け

・損害保険引受判断に伴うアドバイザリー
・風力向け損害保険の商品設計支援
・風車の乱流影響の評価(風車疲労蓄積要素の検証)