風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

    • HOME | 風況観測タワー

四角柱・4支線型風況観測タワー

狭い土地・急傾斜地形に対応します
IEC61400 2017対応可能・Thies社FirstClassセンサー

※この風況観測タワーは、株式会社新エネルギー総合研究所と共同事業です

 

  

四角柱風況観測タワー

 四角柱タワーの特徴1


  • 円柱ポールや三角トラスタワーより設置面積が少なく済みます
  • 重機が入らない狭い場所でも設置できる可能性があります
  • 伐採面積が限定される国有林でも設置の可能性が高まります(実績あり) 
狭い敷地での設置検討(借用用地が限定された案件)
(赤:敷地境界、緑:25m円、黄色:36m円) 
  • 4支線型になります。3支線型に対して支線距離を短くできます 
  
4支線型トラストタワーと3支線トラストタワーの比較
※3支線でもこれより短いものもあります 

 四角柱タワーの特徴2


  •  傾斜や高低差の大きい場所でも立てられる可能性があります
   

四角柱タワーの特徴3


  • メンテナンスがやりやすい
故障時のセンサー交換などが行いやすい

サービス範囲


  1.  現地調査
  2. 建築確認申請
  3. 観測タワー建設
  4. 観測
  5. データ提供
  6. メンテナンス
  7. 撤去

※本サービスの提供範囲は場所により異なります 

Thies社 FirstClassセンサー(推奨)


  • 海外で多く使われている高い基準を満たすセンサー
 
 
風速計と風向計  

NRG社 センサー・データロガー


  • 日本国内で最もスタンダードなセンサー
風速計・風向計・データロガー 

Webによる観測システム(オプション)


 特徴

  • 1秒サンプリングと1秒記録が可能
  • 専用サーバーへデータを保存
  • 衛星通信への対応(山岳地帯等携帯電波が届かない場所向け)

 

  

風況観測タワー(四角柱・4支線型トラスタワー)