風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

    • HOME | 発電量の算出

ウィンドファームでの発電量の算出

 

 ウィンドファームでは地形や地表面粗度などでの風の流れをシミュレーションし、この結果に風況観測データ(実測値)を入力する事により、ウィンドファームの各風車1本ずつの平均風速や発電量を算出します。
当社では、山岳・複雑地形にも対応したシミュレーターとして定評のあるRIAM-COMPACTを採用しています。また、国内の風況シミュレーターとして同じく定評のあるMASCOTも併せて導入しています
いずれも金融機関のプロジェクトファイナンスにおける発電量評価のツールとして活用されています。
 
名称 RIAM-COMPACT MASCOT
概要  九州大学発ベンチャー 株式会社リアムコンパクトを中心に開発された非定常・非線形風況シミュレーター
九州大学応用力学研究所内田孝紀准教授らにより開発された
発電量シミュレーションだけでなく、乱流のシミュレーション、アニメーションによる可視化ができる
 三次元非線形風況予測モデルでの風況シミュレーター
海外の線形シミュレーターが日本の複雑地形に不向きであり、非線形モデルとして開発された
日本の風力業界で古くから活用されている
設計風速の算出が可能
特徴 風車配置が容易なため、風車の最適配置の活用に適している。近年は金融機関の融資評価にも活用されている 古くから活用され、金融機関のデューデリに利用される事も多い
 
当社ではRIAM-COMPACTは動的配列仕様を採用。(計算格子数は最大1000万メッシュ程度)MASOCTはMASCOT BASIC、MASCOT ENGINEERING を導入。(MASCOT TYPHOONの導入の計画あり)
 
RIAM-COMPACTで作成した風況マップ
MASCOTで作成した風況マップ