風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

    • HOME | RIAM-COMPACT

RIAM-COMPACT

 

ウィンドファームの発電量の算出として(金融機関・事業者向け)

 ウィンドファームでは風車1本ずつに風況観測タワーを立てず代表的な位置で風況を観測したものを、シミュレーション技術により、すべての風車の発電量を推定します
ウィンドコネクトでは、主に山岳地形の風況シミュレーターとして定評のあるRIAM-COMPACTを採用して発電量の算出を行っています
(また、国内で風況シミュレーターとして定評のあるMASCOTも導入しています)

 

風況マップの例

 

風配図・鉛直方向の風速分布
 

解析の流れ

RIAM-COMPACTでの発電量シミュレーションは以下のような手順で進められます
 
 
解析メッシュは通常、360万メッシュ。案件に応じて600万メッシュ程度の計算を行います
 

RIAM-COMPACTの強み

  • 国土地理院地図への反映(位置関係がわかりやすい)

・国土地理院の数値地図(国土基本情報)に反映させるため、等高線の他、道路(林道レベル含む)や行政境界線、住宅、河川なども表示させることができる
  • 風車の再レイアウトが行いやすい

 風力発電の計画では進捗段階で、制約条件、あるいは風況観測データから、より発電できる場所の選定など、風車の位置を何度も移動させるケースが大半です
  • 多彩なデザイン、表示機能

 等高線に標高(数字)を表記させる。風車のマークのデサインやサイズ、フォントなども変更できるため、見やすい、わかりやすい資料の作成ができる
 

事業者の計画段階での活用で大きな効果を発揮できます

 
 

発電量算出以外の機能

  • 乱流解析ができる

 乱流強度、速度シアなど
  • 風の流れを可視化できる(アニメーション処理)

 乱流は目に見えない。しかし風車には大きなダメージを与えます。この乱流や風の流れ(増速効果等)をアニメーション化することで、風の起こす現象を関係者にわかりやすく伝えることができます
 

 
 
過去のHPでの説明はこちら