風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

    • HOME | 極値風速(Ve50)

※現在総合サポート先のお客様に限定サービス提供中です。予めご了承ください
 
 極値風速( Ve50 )の算出
 
極値風速は風車選定に大きく影響します
MASCOTは風車設計に必要な極値風速(Ve50)及びUh(Vref)を算出することができます
ウィンドファーム認証においても極値風速のデータが必要となります
 

  • MASCOT Engineering 
  • MASCOT Typhoon

を導入し、

  • 風向特性を考慮しない方法
  • 風向特性を考慮した方法(台風シミュレーション)

での極値風速を算出します 
 
   
風力発電の検討において、風車メーカーとの協議などにおいて、極値風速が風車の許容値を満たしているのかを事前評価するケースが増えています
 
[ 計画地の風車の極値風速Ve50 ] < [ 想定する風車の極値風速Ve50 ]
である事が必要です。
 
近年は極値風速が風車選定に大きな影響を与えるケースが増え、極値風速の算出結果により採用できない風車が生じるなど、風力事業での重要な評価事項となっています
特に極値風速のベースとなる基準風速V0の高い九州地区や台風の多いエリアでは極値風速制約で風車が選定されることもあります

基準風速一覧(出典;NEDO技術資料)

 
【サービス内容】
極値風速の算出は風車メーカーとのディスカッション用や事業初期段階での事業者における内部での機種検討、風車配置計画の為のサービスに限定しています
なお、ウィンドファーム認証や風車メーカーの設計の際には極値風速の他、マスト、ドップラー・ライダーによる風況観測データとの相関性(シア)や暴風時乱流強度なども必要となります。
 

 

  
(2020年10月1日)
現在、極値風速の算出業務は正式なサービス提供はおこなっておりません。予めご了承願います
包括業務サポート先に限定させて頂いております