風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

    • HOME | ドップラーライダーの必要性

ドップラーライダー観測の必要性

タワー100m級風車ではウィンドファーム認証で必要となります

 

  • 風況観測タワーは観測タワーは60m以上の計測は困難

  • (※60m以上の観測では航空障害灯が必要です)

  • 最近の大型風車(3MW以上)のタワーの高さは100m前後が主流です

  • ウィンドファーム認証ではタワー高さの2/3以上の計測が必要です 

  • 100✕2/3=66.6m以上の観測が必要

 
ウィンドファーム認証では、ドップラーライダー等のリモートセンシングと風況観測タワーの同時観測が要求されるようになりました(※NK認証)
測マストの高さを建設可能な最大高さ(原則60m相当)としているか
リモートセンシングによる観測も観測マストと同時期間実施されているか
また、これまで通り、風況観測タワーでの計測も1年間必要なため、ドップラー・ライダーの計測期間も1年間必要となります
 

ドップラーライダーの必要性


ウィンドファーム認証では風車ハブ高さの2/3以上の風況観測が要求されています。
地形クラス 最小観測高さ  観測マストの代表半径
平坦地形 ハブ高さの2/3以上 10km以内
複雑地形 ハブ高さの2/3以上 2km以内
 
出展:ウィンドファーム認証に関わる技術資料(一般財団法人日本海事協会)
 
また、サイト風条件の評価MEASNET(第2版 2016年4月)においては
「風速計の計測結果をもとにして、それ以上の高さの値を推定するために、追加のリモートセンシング機器を利用することができる」と記載されています。
 
ドップラーライダーはリモートセンシング機器に該当します 

01.jpg風況観測タワー 02.jpg最近の大型風車 03.jpg認証条件 04.jpgドップラーライダー