風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

    • HOME | 燃料電池

ドップラーライダー用燃料電池
メタノールを用いる燃料電池(DMFC)
一定のハブ高さ以上の風車を採用する場合、ウィンドファーム認証においてドップラーライダーによる長期観測(1年以上)が必要となっています(2019年以降)
この為、ライダー用の電源も1年間の安定供給が必要となります
当社ではドップラーライダー計測サービスにおいて信頼性の高い燃料電池(DMFC)を採用しています
※当社データ提供サービスにて採用(販売は行っていません)


メリット
液体燃料(メタノール)で扱いやすい
ドップラーライダーの消費電力レベルに適している
  (50W~100W)
火気が発生しない 


燃料電池(DMFC)は気象観測、停電地域の信号、監視カメラ電源など小出力の電源として広く使われています。ドップラーライダーの消費電力レベルでも燃料電池が適しています
当社ではDMFCを採用し計測サービスに用いています(※燃料電池機器の販売は行っておりません)
 ドップラーライダーの長期間観測(1年間以上)は風力発電の認証における制度変更がまもない為、まだ実績が少なく、燃料電池についても運用に関しては十分な事前検証と稼働後の管理が必要です。また、極寒地区の場合、低温考慮も必要な場合があります。
(当社でも燃料電池の停止・ライダー計測停止を経験しています)
DMFCはその設置方法、運用方法が適切であれば、長期間安定的に稼働できます


 【当社の稼働実績】
 場所:福島県内山中
 想定計測日数:365日
ウィンドファーム認証の為、1年間計測
燃料電池仕様:DMFC(ダイレクトメタノール式)
 稼働日数:379日(※1年間計測完了後に継続計測中)
 燃料電池稼働率:96.7%
  ドップラーライダー交換、燃料電池交換時の停止を含む
  期間中発電停止有り(2回発生、修理対応、原因特定済)
  途中、各種改造工事の実施
 気象条件(最寄りアメダス)
 最低気温:-13.5℃     最高気温: 34.3℃
(参考)
60m高さにおけるデータ取得率:97.9%(ライダー動作時ベース) 
MASTとの相関係数 0.98(半年間データ、1時間値での評価)


 
一方、メタノールを定期的に補給する必要があり、積雪、豪雪地帯では燃料補給対策が必要です
現在、この対策を進めています
(ソーラーハイブリッド、他電源とのハイブリッド化)
 

 
ドップラーライダー(福島設置)
燃料電池盤 (改良版)
燃料電池ユニット
 
※弊社では燃料電池は販売しておりません
お客様へのデータ計測サービスの為の電源として用いています