風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

    • HOME

風況観測装置・観測サポート
 写真をクリック

ドップラーライダー
WINDCUBE

燃料電池(ライダー用電源)

風況観測タワー(4支線型)

風況観測データロガー

 

乱流の可視化
RIAM-COMPACT

風況解析
発電量シミュレーション

フォトモンタージュ
(Enercon風車)

技術デューデリジェンス
風車インスペクション

 

現場の様子

ヘリを用いた観測塔設置

風況観測塔データロガー

三菱電機ウィンドライダー

ドップラーソーダ

ライダー用架台(豪雪地)

ZephIRライダー

4支線型トラスタワー

3支線型トラスタワー
(国有林)

NRG風向計とThies FirstClass風向計

ドップラーライダー
ZephIR

ライダー用燃料電池
(メタノール式)

現地調査
(クマ出没エリア)

新着情報

2019年7月11日

新型電源を用いたドップラー・ライダーの観測を開始します(三菱電機ライダーでの観測)

2019年6月1日 風車メーカーとの協議対応としての極値風速(Ve50)の算出業務を開始しました
※現在、限定対応です
2019年3月25日 ドップラーライダー(WINDCUBE V2.1)の風況観測サービスを開始しました
※本サービスは株式会社新エネルギー総合研究所との共同サービスです
2019年1月15日

株式会社新エネルギー総合研究所と共同でWIND EXPO2019(第7回国際風力発電展)に出展します
2019年2月27日~3月1日 場所:東京ビックサイト
・ドップラーライダー用電源 ・・風況観測タワー(Thies風向計・風速計)
・ドップラーライダーによる観測サービス ・・ドップラーソーダによる観測サービス
2019年1月8日 ドップラー・ライダー用燃料電池を導入しました(ダイレクトメタノール燃料電池)
2018年12月26日

ドップラー・ライダーの観測業務を受諾しました
(ハブ高さ100m級風車 NKウィンドファーム認証対応として)
2018年11月11日 k国有林・民有林においてヘリ輸送で風況観測タワー工事を開始しました
風況観測タワーのヘリ輸送・設置が可能です
 2018年6月26日 国有林への設置対応が可能になりました 
 2018年6月11日  風況観測において衛星通信が対応可能になりました(これまでは携帯回線のみの対応)
 2018年2月17日  これまでみた風車が1928基になりました
 2018年1月15日  ドップラーソーダによる短期間風況観測サービスを開始しました
2017年3月12日 これまで見た風車が1853基になりました
日本の累積基数 2175基(2016年末,JWPA発表値)
2016年12月18日 MASCOTでの風況解析を受諾しました(サービスを開始しました)
2016年11月09日 風況観測データ提供サービスを開始しました
2016年10月20日 風況シミュレーションソフトウェア MASCOTを導入しました
MASCOTとRIAM-COMPACT両方対応可能となりました